セルフメディケーション税制とは

ここでは2017年に始まった特定の医薬品購入に対する新しい税制について説明致します。

「セルフメディケーション税制」は、きちんと健康診断などを受けている人が、一部の市販薬を購入した際に所得控除を受けられるようにしたものです。従来の医療費控除は年間10万円とハードルが高かったのですが、セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)」は年間の特定市販薬を1万2000円以上購入すれば申請ができます。病院になかなか行けない方であれば市販薬中心の生活で到達するのに難しくない金額かと思います。しかしこのセルフメディケーション税制、知名度が低い気がします。対象になっているのにこんなおトクな制度を利用しないなんてもったいないですね。

この機会にぜひチャレンジしてみましょう!

膣カンジダ治療薬はセルフメディケーション税制の対象?

市販で購入できる膣カンジダ治療薬は第1類医薬品に属しセルフメディケーション税制の対象となっています。

対象となる特定成分を含んだ医薬品は厚生労働省のホームページにて確認することができます。商品パッケージにはこのような表示がしてあります。

ははkはこはこnはこにはこは

私がこの税制を知ったのも、治療薬を購入しようとサイトを見ている時にこのマークをよく目にすることがあったからです。↓

セルフメディケーションの対象となる人は?

所得税や住民税を納めていて、自分と同一家計の家族分を合わせて、対象となるOTC医薬品の年間購入額が1万2,000円を超えた人で、あわせて健康の維持増進や疾病予防のために健康診断等を受けている人が対象になります。なのでOTC医薬品を購入した際のレシート(領収書)は必ず保管しておきましょう。膣カンジダ治療薬をいくつか購入し、鎮痛薬、整腸剤、点眼薬などを購入すれば1万2,000円はすぐ超えそうです。

この制度は2021年12月31日までの期間限定となっています。使用する可能性の高い医薬品や常備薬をまとめ買いすることで有効利用するのも一つの手でかと思われます。

日本一般用医薬品協会のホームページがこの税制に関してわかりやすいかと思います。

Follow me!